画像使用の著作権等について(リテラシー)

「どういったリスクがあるか」を考慮した上で使わないといけません。  

1、使っていい画像

1)自分で撮影した写真、制作した画像や絵、図など

自分が知的財産権(以下、著作権)を持つ、あるいは肖像権(自分の顔、姿)を持つものに関しては使用可能。 ただし、以下の条件がある。 ・写真・・・被写体に他人が写っている場合(個人と特定できる大きさで写っている)は、本人に許可をとっている ・写真以外の画像・・・トレース(写し)作品ではない完全オリジナル、他の著作物の加工品やコラージュではない

2)無料使用OKの配布・提供画像

WEB上にはたくさんの画像提供サイトがあるが、サイトによって使用範囲が異なる。使用説明をしっかりと読み、それにあった使い方をすること。フリー素材サイトから入手した写真でも、他人の著作物であれば問題が発生した場合、著作権侵害になりうる。 クリエイティブコモンズ(画像使用のライセンス)のレベルによって使用範囲が異なるので確認が必要。無料で使用できるのはありがたいが、「無断使用」ではない。 ・写真自体に識別情報(著作権者の明示)がなかったとしても著作物に値する ・クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(https://creativecommons.jp)は国際規格なので、海外ではこれを採用しているところが多い。画像や素材ごとに要確認。

3)画像販売で買った画像

有料の画像提供サイト(アマナスイメージズ等)から有料でDLした画像や素材は、その販売サイトの規約に従って使用すること。お金を払ったからといって著作権放棄されているのではない。お金を払う=所有権を得るということなので、混同しないこと。  

2、使ってはいけない画像

1)他人が著作権を持つ画像

他者の作品、画像、作者が不明な画像、インターネットの画像検索から拾ってきた画像、他人のブログやサイトから取ってきた画像などは使用不可。また、他人が写っている(肖像権が他人にある)画像も使用不可。

2)使用範囲に逸脱した使い方

・クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにある条件を守れない使い方をすることはNG ・作者が「ここからここまでの範囲で使用OK」と明記している場合、それ以外の使い方は使用不可 ・日本の素材サイトでは規約を読むと「政治、アダルト、宗教関連の用途に使うことはNG」という素材サイトが多い。政治・宗教活動をしている場合は、そういった規約は守らなければならない。 ・使用範囲を明記していない場合は問い合わせ必須。  

3、SNSやブログにどう発信していくか

1)写真について

・被写体に注意する。何が写り込んでいるのかを細かく注意すること。人、作品、物など・・・ ・友人知人と写真を撮る場合、相手に許可を得てからアップすること

2)自分で作った画像について

・自分の著作物であることを明記したい場合はコピーライトを入れること。(©️西暦 名前)  

3)画像引用

引用の条件を満たして入れば、著作物を掲載することができる。 ①引用する資料等は既に公表されているものであること ②「公正な慣行」に合致すること ③報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること ④引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること ⑤カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること ⑥引用を行う必然性があること ⑦出所の明示が必要なこと]]>

投稿者プロフィール

RIO
RIO
このサイトでは私が実際に利用したり体験したことを載せていきます!
どなたかのお役に立てれば幸いです(^^)
通販が大好きで、amazon・ロハコのヘビーユーザーです。
他にもメルカリ、yahooショッピングなど数々のサイトを利用しています。

関連記事

  1. 「前にも書いたな。書かなくていいかな。」No!似たような記事を書くことを恐れない

  2. 特にページ数が多い方は効果的!直近の検索エンジンの傾向を踏まえた上でのブログの整理の仕方の1つ

  3. ブログを検索上位にあげる一つの条件

  4. 文字サイズや色の変更について

  5. プロフィール掲載オススメ事項

  6. ブログのレベルをあげるには