「前にも書いたな。書かなくていいかな。」No!似たような記事を書くことを恐れない

Contents

「この記事似てるんだけど」

皆さんのブログは現時点で何記事ありますか? 10記事以内なら、確かに前に書いた記事が気になるのもうなずけます。   しかし。 それ以上なら、もはや気にする必要もありません。 10記事以内でも気にしなくてもさほど問題はありません。   何故でしょうか。   立場を逆にしてみましょう。   検索で引っかかったのが自分が全く知らないブログだとします。 そのブログの記事を全て読むでしょうか?   たまにそういう人がいるとおもいますが、ごく稀です。 私のブログの記事は現在約2000ですが、今に至るまで私のブログの記事を全て<一気に>読んだという人は一人しか知りません。 実際に知ってる人の中での話なので他にもいるかもしれませんが、2000記事読む人なんて滅多にいないはずです。   つまり読み手にとっては、過去にどんな記事を書いてあったとしても あまり関係ないのです。 必ずしも過去の記事を読んで、今現在の記事を読むか?保証はありません。   たまたま訪れた図書館全ての本を「全て知ってから帰ろう」という人が、まずいないのと一緒です。  

対象、時期の違いで記事の書き方も異なる

また、同じ話だったとしても<対象>が違えば話し方も違うし、内容もちょっと違ってきますよね。   選挙に出る政治家を見て下さい。 プロブロガーを見てください。 売れた漫画を見てください。 売れたシリーズ映画を見てください。 偉人を見てください。   ぱっと見は似た話、同じ話をけっこう繰り返すことも多いです。 でも対象によって変えます。   ある選挙に強い政治家は、よく聞けば言いたいことはたった一つなのに それをあの方面 この方面、様々な言い方をします。   全く同じ話題だとしても 子供に話すのと、年配の方に話すのとでは話し方も違うし、もってくる事例も違うことでしょう。   子供に教育するときは、毎日同じことを繰り返して言います。 それで初めて半年後から数年後くらいに変わるのです。(内容にもよるし、その子の個性によっても変わっていく時期は千差万別)   また同じ話題だったとしても、対象となる年齢が同じでも、<時期>によっても違うことでしょう。 春夏秋冬の意味での時期、3年前と今という意味での時期。   更に言えば、<場所>によっても違ってきますね。 このように言いたいこと一つ伝えるために、あらゆる表現方法があるので 一見似たような記事を書くことを恐れずにいきましょう。  

幾つかの記事を一つにまとめる手法

ところで、同じ話題を一つの記事にまとめてしまうというのもSEOの王道でもあります。   例えば、表参道のカフェに幾つか行ったとしましょう。 この記事がバラバラだったとします。 それを全て集めて、記事タイトルに「表参道のおすすめカフェ10選」とでも書くほうが、ブログへのアクセス数はあがります。   ある程度、記事を書く→記事の中でまとめられそうなものはまとめていく。 (無理やりまとめる必要はありません)   これについては、別途詳しく書いていきますね。]]>

投稿者プロフィール

RIO
RIO
このサイトでは私が実際に利用したり体験したことを載せていきます!
どなたかのお役に立てれば幸いです(^^)
通販が大好きで、amazon・ロハコのヘビーユーザーです。
他にもメルカリ、yahooショッピングなど数々のサイトを利用しています。

関連記事

  1. ブログを検索上位にあげる一つの条件

  2. 文章の引用について

  3. 画像使用の著作権等について(リテラシー)

  4. 文字サイズや色の変更について

  5. 特にページ数が多い方は効果的!直近の検索エンジンの傾向を踏まえた上でのブログの整理の仕方の1つ

  6. 「私たちの発言=誰かの発言になる」ー選挙での失言